annai-2018 のすべての投稿

親子川遊びin横輪川 参加募集

開催日時:2018(平成30年)7月28日(土)
集合9:30 10:00~15:30頃
※ 雨天・悪条件時は中止とさせていただきます。
集合場所:郷の恵(さとのめぐみ)・風輪 駐車場
伊勢市横輪町586

三重県伊勢市横輪町586

昔の宮川には、川で遊ぶ子ども達の姿がたくさんありました。
そこでは親から子へ、自然の中での遊び方が伝えられていました。
今回は宮川の支流・横輪川で宮川流域案内人から親子へ自然の中で「笹舟」を作ったりして一緒に遊びましょう。

● 対象:小学校1~4年生の児童とその保護者
(保護者1名あたり児童2名まで)児童のみでの参加はできません。
定員:親子で60名(申込先着順)
参加費:ひとり500円(大人も子供も)
● 持ち物:水遊びが出来る服装と靴、弁当(風鈴でも購入可)飲み物、タオル、着替えなど
受付期間:6月21日(木)11時から7月22日(日)15時まで※定員になり次第受付終了)。
● 主催:宮川流域案内人の会 http://miyagawa-annai.org
● 共催:宮川流域ルネッサンス協議会
● お問い合わせ/お申し込み:必ず事前に申し込んでください。

・1住所
・2氏名
・3電話番号
・4生年月日
・5学年・学校名を

下記までお知らせください。

エコミュージアムセンター 宮川流域交流館たいき
(〒519-2704 大紀町阿曽429)

 

電話・ファックス:0598-86-3851
電子メール:mrune-t@ma.mctv.ne.jp
ホームページ:http://www.miyarune.jp/eco/taiki/

開館時間〔電話の受付時間〕:午前10時~午後4時
休館日毎週火曜・水曜、年末年始

※メール・faxでお申込みの方には受付完了の返信を致します。

※参加中の事故怪我などは救護しますが、それに要した費用は
当人の負担となります。また、主催者からの補償はありません。

■ 当日の緊急連絡先:090-1740-0033 中野・当日のみ

スタッフ同時募集中!
(宮川流域案内人の会・会員)

当日にスタッフとして参加いただく会員は、次回運営委員会
での事前打合せにご参加下さい。
時間:7月18日(水)19:00~21:00 
場所:グリーンプラザおおだい(多気郡大台町栃原1691番地1)
参加者は、下記から申し込んで下さい。
jimu@miyagawa-annai.org 又はホームページ上の「問合せ」欄から。

今年も新しい案内人増える!

去る6月16日(土)大紀町の「エコミュージアムセンター宮川流域交流館たいき」で宮川流域エコミュージアム・案内人養成講座が開かれ、参加した4名の新しい方々が即、入会を申し込まれました。
伊勢市から女性おふたり、二見町から男性1名、松阪市から1名です。松阪からの男性は、ご自分の仕事の対象エリアである宮川流域の素晴らしさを自分からも発信したいと参加いただきました。

「宮川流域案内人・養成講座」開催決まる

宮川流域案内人になりませんか?

宮川流域案内人(インタープリター)養成講座が開かれます。

今までの養成講座の様子
今までの養成講座の様子

宮川流域には、全国有数の清流にはぐくまれた自然、歴史、伝統文化、産業の遺産があります。長い年月をかけて築きあげてきた「地域らしさ」の背景や想いを、現地で保全活用しながら、解説の手段としてインタープリテーションを用いて伝えて行きます。

宮川流域案内人とは…宮川流域の自然や歴史、伝統的なくらしなどを地域の人や訪れる人に対して、誰にでもわかりやすくインタープリト(通訳・翻訳)する人です。

日程:平成30年6月16日(土)9:30~16:00
場所:阿曽湯の里交流体験室(大紀町阿曽429)
「宮川流域交流館たいき」の横。

スケジュール:※雨天実施
9:30~11:00 エコミュージアムとは?
宮川流域での活動の歴史など
11:00~12:00 体験談
12:00~13:00 昼食休憩
13:00~16:00 インタープリテーション体験(野外、荒天時は屋内)ほか

講師:中野喜吉(日本エコミュージアム研究会理事、
宮川流域案内人の会・会長)
巽 幸則(宮川流域案内人の会・前会長)

持ち物:筆記用具、飲み物、帽子、雨具
参加費:1,000円(受講費500+昼食弁当代500)
定 員:先着20名(定員に達し次第締め切ります)

受付:平成30年6月8日(金)午後3時まで
主催:宮川流域案内人の会
後援:宮川流域ルネッサンス協議会

※参加中の事故怪我などは救護しますが、それに要した費用は当人の負担となります。また、主催者からの補償はありません。

お問合わせとお申込み
1住所、2氏名、3電話番号、4生年月日
下記へご連絡下さい。
エコミュージアムセンター 宮川流域交流館たいき
(〒519-2704 大紀町阿曽429)
申込先:電話・ファックス:0598-86-3851
電子メール:mrune-t@ma.mctv.ne.jp
(ホームページ:http://www.miyarune.jp/eco/taiki/)
開館時間:午前10時~午後4時  毎週火曜・水曜、年末年始休

たいきセンター閉鎖か!

4月8日交流館わたらい(度会町棚橋)で開催された2018年度の案内人の会総会で堀畑智男・宮川流域ルネッサンス協議会事務局長から施設の老朽化、耐震性の問題を理由に今年度中(2018年)に「エコミュージアムセンター宮川流域交流館たいき」を閉鎖すると発表がありました。
すでに宮川流域ルネッサンス協議会総会での新聞記事もありましたが、案内人にとっての活動の拠点である「たいき」がなくなることは重大な問題で、案内人にとってなぜ住民と行政で進めていこうとしているこの”地域の大切な遺産を守り伝えて行く文化的な活動”を続けようとしないのか不審の思いが募りました。